怒り

「怒り」ほど愚かで醜いものは、ありません。


怒りはアドレナリンを分泌させ、精神的にも肉体的にも打撃を与えます。


つまり、相手に打撃を与えるのではなく、自分自身を傷つけてしまうのです。


不思議なことに、人はネガティブなことを忘れることが苦手です。


先のブログにも書きましたが、頭からネガティブなことが離れないなら、楽しいことをたくさんやり、ドーパミンを出すことです。


怒りにも二通りの種類があり、ほとんどの人が他人のせいにします。


もう一つは、自分で怒りを作ることです。


後者の方が厄介です。


自分で自分を傷つけ、精神的にも肉体的にもボロボロにしてどうするのでしょうか。


怒りを沈めるのは、「許す」。これしかありません。


プライドはいりません。それより、自己防御をした方が、ずっと賢い生き方です。