上司に認めてもらいたい

職場で働く以上、誰しもが上司に気に入ってもらいたいと思うものです。


評価欲求です。


しかし、上司の顔色ばかり見ていてはいけません。


真に仕事に取り組む人は上司の顔色を気にしません。


粛々と自分の信念に従って、仕事を進めていきます。


このような姿に上司は心を打たれるのです。


ご機嫌とりは、その場しのぎで何らあなたに対する評価は変わりません。