ネガティブな人

物事を否定的に考えてしまうのは、その人の人格でもなければ、性格でもありません。


皆がポジティブに生きることができます。


脳科学的に証明されているのですが、「苦しいとき」はアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールといった物質が分泌されます。


「楽しいとき」はドーパミン、セロトニン、エンドロフィンが分泌されます。


それらホルモンの影響で「苦しい」「楽しい」が別れます。


いわゆる幸せホルモンが多く分泌させると、それまでネガティブだったのが、ポジティブに変わります。


続きは「ポジティブになろう」をご覧ください。