育児が大変

育児は愛する我が子のために、必死になってされていると思います。


ただ、育児ノイローゼと言われるとおり、頑張りすぎるのもどうかと思います。


体を壊してまでの完璧主義はよくないです。

80パーセントくらいの力で育児に専念されてはいかがでしょう。


子どもにも、自力で生きていこうとする本能があります。


まだ、幼いのでその力を十分に発揮していないだけなのです。


我が子の力を信じましょう!