寝れない方に試してほしいこと

先のブログにも書きましたが、寝れないのは生物にとって一番の危険サインです。


体と精神を休めてくれる一番のものは、睡眠です。


日中私たちが活動しているときは、交感神経が優位になります。


寝るときは副交感神経が優位になります。


このスイッチの切り替えを少し意識してください。


寝る前の2時間は大きな音をたてて音楽を聴かない。熱いお風呂は体温を上げ、心拍数も上がるので、温めのお風呂に入る。(リラックス効果あり)


テレビ、スマホなど目に刺激(ブルーライト)が入るものを見ない。


部屋は暗くして、体温がわずかに下がる程度で布団の調整をしてみる。


睡眠を促すメラトニンは朝太陽の光を浴びてから、14~16時間後に分泌されます。


逆算して、夜10時に寝たい場合は朝6時~8時にカーテンを開ければいいことになります。