カテゴリ:日常的



08日 11月 2019
反抗期が来ると、大変ですがむしろ喜ぶべきことなのです。 家庭内から外へ旅立とうとしている証拠だからです。 逆に反抗期が来ないで社会人になると、思わぬところでトラブルになったり、新型うつ病になってしまう可能性があるからです。 反抗することにより、先生や親がどんな対応をするのか見て、ここまでは許される、これ以上は許されないことを学びます。...
08日 11月 2019
この二つで瞬時にわかります。 1「私は」「私が」を連発する人。 自分にしか興味がなく、他人を思いやる気持ちがありません。 2約束を破る人 約束することは、自分の良いところを相手に共有する意味があります。 相手は期待します。 それを平気で破るのは、偽善者であり信用できる人ではありません。
07日 11月 2019
偏見がない生き方です。 偏見は、公平でなく傾いている、歪んでいることを指します。 せっかく何か良い情報が入ってきても、偏見がじゃまをし、ブロックされてしまい、インプットされません。 ニュートラルに生きると幸せになります。 あらゆることを、正確に分析できますし、良い情報をどんどんインプットしていきます。...
07日 11月 2019
誰しもが不安を抱えています。 でも、その不安が耐え難いものである場合、どうすればよいのでしょうか。 そのような状態はネガティブ思想で、悪い方に傾いて物事をみています。 ニュートラル=論理的に自己分析する必要があります。 今、自分がどういう状況なあるのかを考えるのではなく、ノートに書くことをお勧めします。...
07日 11月 2019
脳にシナプス(脳と脳の繋がり)というものがあります。 それが密になって脳が作られます。 このシナプスを作るためには、たくさん頭を使うことです。 学生で頭がいい人、そうではない人がいますが、幼少期を含めてどのくらい頭を使ったのかで差が出ます。 頭のいい人に勝つためには、その人が勉強している以上に勉強するしかありません。
07日 11月 2019
仕事からクタクタになって帰ってきた夫。それに対して妻はコミュニケーションをとりたいと思う、そんな光景が頭に横切りませんか? でも、夫は自室に入り一人の時間がほしいのです。 それには根拠があって、男性ホルモンにテストステロンというものがあって、仕事で低下し、一人で静かに過ごすと回復する性質があります。...
07日 11月 2019
失恋した人が苦しくてAさんに、話を聞いてもらいます。 次の日、Bさんに同様なことを話します。 このような光景はよく見受けられることです。 しかし、「話す」ことは立派なアウトプットです。 アウトプットは記憶を定着させるので、いつまでたっても辛い思いを引きずることになります。...
01日 11月 2019
メンタル疾患に共通することとして、「寝れない」があります。 つまり、夜寝れなくなってしまうと、イエローカードです。 早目のケアが必要です。 人間のエネルギー充電方法は「寝る」ことです。 何時間以上寝れば良いかは人それぞれですが、6~8時間は確保したいです。夜は眠たくなったら寝て、朝は決まった時間に起きましょう。
01日 11月 2019
ネガティブに生きている人は、本当にもったいないです。 皆が楽しいと言えるような出来事に対しても、「あそこが悪い」など「素直」になれないからです。 何をやっても楽しくないし、必ず文句が出てきます。これって、ハッピーなのでしょうか? 人生、辛いことも多いですが、たくさん楽しんだ者勝ちです。...
01日 11月 2019
私は今までの人生を振り返り、人目を気にする傾向が異常に強く、社会人になる前は親や友人の顔色を、社会人になれば、上司の顔色を、家に帰れば妻の顔色を伺うといった人生を続けました。 ハッピー?もちろん全くハッピーではありません。 人に嫌われたくない気持ちが強いので、八方美人になるわけです。 でも、今は違います。...

さらに表示する